北海道の夏の風物詩

子供盆おどり唄

(シャンコシャンコおどりの歌)




北海道の多くの地域では、お盆の時期の夕暮れになると、どこからともなく‘♪シャンコ、シャンコ、シャンコ、シャシャンがシャン、手拍子そろえてシャシャンがシャン’ととても印象的なお囃子をともなった「子供盆おどり唄」のメロディが響きわたります。
「子供盆おどり唄」は北海道の代表的な夏の風物詩で、‘♪そよろそよ風、牧場に街に・・・’と始まる郷愁を誘うようなメロディーは、風に乗るように家々の間や野を流れ、宵のひとときの楽しみに子供も大人も誘うのである。
私が子供の頃は炭鉱の町に住んでいました。、おそらくは昭和30年代の末頃と記憶していますが、その頃からこの曲を盆踊りで耳にするようになりました。それが何十年も経ったいまも変わらぬ姿で演奏され踊られています。
「子供盆おどり唄」のメロディははたして、はたしていつごろから流れ出したのであろうか?
調べてみたら戦後に北海道教育委員会のメンバーも加わり子供向けの盆踊りの曲として企画されたもので、作詞者は坪松一郎、作曲は山本雅之、振り付けは睦哲也、昭和27年にキングレコードから初版されていることがわかりました。当初は札幌近辺で使用されたていたものが、炭鉱地帯さらには道内の広い地域に徐々に普及していったものと思われる。製作されてからすでに60年以上にわたって北海道の盆踊りで使用されていることになる。何故この曲がこれほどに愛され続けるのか?
ここでは「子供盆おどり唄」の魅力の一端にでも触れられれば幸いである。


「子供盆おどり唄」の生い立ちと作者について
私の「子供盆おどり唄」についての郷愁の念
「子供盆おどり唄」の別バージョン
「子供盆おどり唄」の七不思議
子供盆踊りの振付
子供盆踊りの現場収録ビデオ
子供盆踊り画像
「子供盆おどり唄」のカセットテープ、CD等
他の北海道限定子供盆踊り曲
ブログ「手拍子そろえてシャシャンがシャン」



掲示板過去ログ集



外部リンクページ

札幌市文化資料室 子ども盆おどり唄の巻

北海道観光大全 北海道の盆踊り

シャシャンがシャン♪ みんなで踊ろう 子供盆おどり

子供盆おどり唄: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


北海道の夏の風物詩「子供盆おどり唄」(2006年8月9日開設) 
管理人:DOSANKO

自己紹介


ご意見等ございましたら次のメールアドレスにご連絡いただければ幸いです。

yspringdance2012@yahoo.co.jp
(迷惑メール防止のため一番頭のmを省略しているのでmを追加してください。正しくはmyで始まります)